にんにく卵黄の成分を確認しよう!

MENU

にんにく卵黄の成分を確認しよう!重要視すべきポイントとは?

にんにくには、健康に役立つ成分が豊富に含まれています。カリウムや炭水化物が占める割合が多くなっており、滋養強壮食品として人気があります。

 

これに卵黄が持つ、タンパク質や脂質、鉄分やカルシウムといった栄養素を合わせることで、バランスのよい食品を作ることができます。

 

その結果、うまれたのがにんにく卵黄と呼ばれるサプリメントです。

 

 

世の中にはたくさんのにんにく卵黄のサプリメントが登場していますが、それぞれ違いがありますので、違いを知っていないと十分な健康効果が得られなかったり、お得な商品を逃す結果につながってしまいます。

 

管理人ラン子は、にんにく卵黄を選ぶ時に一番重視すべきポイントは、内容量だと思っています。その点について少し詳しく書いてみます。

 

全体量と内容量

まず、各商品の成分の全体量に関しては、600mgや560mg、480mgなどやや差が見られます。そこから内容量を見ていくと、

 

600mg中に405mg
500mg中に360mg
480mg中に300mg

 

などといった表記がされています。中には全体量を表記していても、内容量を公開していない例もあります。

 

にんにく卵黄を選ぶ時のポイントはここです!全体量よりも内容量の方を重視することが大切です。また、にんにく量についてもよく確認しましょう。

 

上記で例に挙げた商品でいいますと、内容量405mgの商品は、にんにく1粒あたり150.4mgの量が、内容量300mgの商品だとにんにく1粒あたり165mgの量が配合されています。にんにく量がきちんと書かれている商品は、信頼感アップです。

 

原材料の産地も確認しよう!

続いて、使用されているにんにくと卵の産地についても確認します。これらの材料は国産がおすすめです。外国産よりも丁寧に育てられていますので、有効成分が豊富に含まれている他、安全性に関しても高い信頼を寄せることができるからです。

 

基本的に、有名なにんにく卵黄のサプリメントであれば、ほとんどが国産を使っていますので、あまり気にすることはありません。しかし、同じ国産でも製法などの特徴に違いがありますので、その部分を比較してより良いものを選ぶようにしましょう。

 

にんにくの産地として多いのが、宮崎県や青森県、長野県です。特に青森県のものが有名です。有機栽培であったり、黒く発酵させたものや、肉厚で良質なにんにくを使っているなど、各商品によってこだわりが違います。

 

卵は宮崎県が人気で、青森県や長野県なども目立ちます。卵を比べる際には、栄養豊富な餌を使って育てられているかがポイントです。ミネラルが豊富な餌、玄米やヨモギを含む餌、魚粉を混ぜた餌などで育てられた卵を使用する商品が見受けられます。

 

 

このページの先頭へ