にんにく卵黄の作り方

MENU

にんにく卵黄の作り方は?サプリと手作りどっちがいいの?

にんにく卵黄の作り方って知っていますか?自分で手作りできたら、サプリを買うよりお得に続ける事ができるでしょう。手作りか手っ取り早くサプリを購入するか、あなたはどちら派でしょうか。

 

にんにく卵黄のサプリメントはさまざまなメーカーから出ています。他のサプリメントに比べるとかなり安価なので、安心して続けることができます。

 

ただ、本当に安心安全な成分が入っているのか心配だという方や、もっと安く購入できたらよいのにと思っている方は自宅で手作りしてみましょう。もともとは九州地方で手作りされていたものを商品化したものです。作り方はとても簡単なのです。

 

にんにく卵黄を自分で作る方法

にんにくを茹でたりレンジで加熱することでやわらかくしてつぶします。そこに卵黄を加えて水分が飛ぶまでただひたすら練り上げていくのです。焦げないように注意が必要です。

 

水分が飛んでペースト状になったら平たく伸ばして天日で乾燥させます。ある程度乾燥したら一口大に丸めて、更に天日干しして乾かすのです。できたものは瓶など密閉容器に詰めておけば2年から3年程度持つので、たくさん作って常備薬としておいておいてもよいでしょう。

 

手作りのメリットとデメリット

一つ一つの手順は簡単なものですが、とにかく時間はかかります。天日干しの期間も含めて1週間以上はかかるでしょう。しかも卵黄と練る作業は腕が疲れる大変なものですし、その間はにんにくの臭いが部屋中広がっていることになります。

 

調理器具や服・作業をした部屋などはにんにくの臭いが染み付くことを覚悟しておかなければなりません。簡単だけど手間のかかる作業なのです。ただ、もちろん入っているものは純粋ににんにくと卵黄だけですから品質に心配はないですし、何よりサプリメントで購入するよりも安くて済むのは魅力です。

 

サプリメントはその手軽さだけでなくカプセル状で周りをコーティングされたものが多いので、更に臭いが気にならず噛まずに水などで流し込めばにんにくのにおいを一切感じないままに摂取できるというメリットはあります。

 

 

どちらの形で摂取するにせよ、毎日の食事にプラスして取り入れるようにすることで滋養強壮や体力増強・美肌効果などさまざまな効能が期待できるのです。

 

にんにくも卵も身体によい食材ですが、にんにくは臭いが・卵はカロリーやコレステロールが気になってあまり食べられないという人も多いです。にんにくの臭いは卵黄でコーティングされているためあまり気になりません。

 

また、普通に摂取するのと比べて成分をとことん凝縮しているので、必要な分を摂取してもカロリーはかなり低く抑えられ、にんにく卵黄のせいで太ってしまうという心配もないので安心してください。

 

このページの先頭へ